冷凍庫・冷蔵庫設備に問題はありませんか?

大量の霜が付着する、霜の落下による製品トラブルがある、設備管理が行き届かない、床が凍って危険である、電気代がかかる KE2が、これらの問題を一気に解決します!

KE2の3つの特長

  • 必要なとき、必要なだけ霜取りをおこなう

    KE2は霜取りの回数を減らすことで、電気代を節約

    従来制御の霜取りは、1日の霜取り回数や作業時間をタイマーで定め、機械的におこなっていました。
    しかし、この霜取り作業による温度の上げ下げで、非常に多くの電力を消費していました。これに対し、KE2では「アルゴリズム」(いわゆる自己学習)によって、必要なときに必要な時間だけ、霜取りをおこないます。そのため、除霜の間隔が長くなっています。このように、KE2は霜取りの回数を減らすことで、電気代を節約します。

  • 昇華現象を起こして、霜の発生を抑える

    霜のない庫内環境を維持

    KE2は、庫内の氷が溶けて水になるのではなく、氷が気化し気体に変化する「昇華現象」を起こし、庫内の霜を減少させます。さらに、昇華現象を利用し、庫内を冷やします。その後、霜がつかない庫内環境をKE2が管理し、その状態を保ち続けます。この働きによって、霜のない庫内環境を維持することができるのです。

  • 周囲の熱を奪って庫内の冷却に利用する

    アルゴリズムでファンを精密に制御し、庫内温度の変動を最小限に

    さらに、KE2は昇華現象により、周囲の熱を奪って庫内の冷却に利用しています。
    従来制御では、除霜タイマーにて定期的に除霜を行い、除霜の終了はタイマーの時間、又はコイル温度で制御するため、庫内温度の変動が大きくなっています。しかし、KE2の場合は、アルゴリズムでファンを精密に制御し、庫内温度の変動を最小限にするため、庫内温度を一定に保てるのです。

さらに!!

電子膨張弁やルーターなどのオプション導入で省エネ効果も利便性もパワーアップ

省エネ率のさらなる向上と、遠方や出先でも状況確認

KE2では、電子膨張弁や開閉フードなどのオプション品を導入することで、省エネ率のさらなる向上が期待できます。膨張弁は機械式の場合、配管温度感知による制御だったため、精密な制御ができませんでした。
しかし、電子式では圧力によって制御するため、庫内の温度管理がより精密にでき、省エネ効果がさらに高まるのです。さらに、ルーターも導入することで、KE2が取得する庫内温度や霜取回数など運転状況に関するデータをインターネット回線でパソコンやタブレットコンピュータ、スマートフォンなどに送信できます。
それにより、遠方や出先でも状況が確認でき、頻繁に現場へ出向く必要がなくなります。

省エネ率は20%~40%。電気料金に直結するデマンド値も下げる効果あり

従来制御とKE2制御との電気料金の年間差額は50万円以上

庫内の坪数、温度、馬力などの条件により異なりますが、KE2を導入した各企業では、消費電力、電気料金ともに大きな変化が見られています。15坪でマイナス30℃、20馬力の冷凍機を使用した食品加工工場様の場合、従来制御とKE2制御との電気料金の年間差額は50万円以上。省エネ率24%でも、すでにこれだけの効果が証明されているのです。
さらに、電気料金に直接影響するデマンド値にも注目しましょう。デマンド値とは30分ごとの消費電力の平均値で、震災以降は月に1回の測定実績で基本料金が決まるようになりました。

消費電力もデマンド値も下がり、高い省電力効果を発揮

従来制御では、デマンド値も全体的に高く、霜取り時は特に高くなっています。それがKE2の導入後は、全体的に消費電力もデマンド値も下がり、高い省電力効果を発揮しています。

削減した電気料金で導入費用が支払える

導入コスト事例

ちなみに、KE2とその付帯設備システムの導入費用は、冷蔵庫の規模や条件によって様々ですが、ある企業様では、50馬力2台、75馬力1台のシステムにKE2を導入することにより、1時間あたり65kwだった消費電力が約52KW〜39KWに削減できました。これを電力料金に換算すると、月々約124、000円〜247,000円の削減となりました。設備費用の480万円を料率2%で、5年60回の割賦払いにした場合、月々の支払いは96,000円となります。KE2取付により削減できた金額から充分に割賦支払いができる事となります。さらに削減金額から月々の割賦支払いをしても約28,000円~151,000円の経費が削減されるのです。

冷凍・冷蔵庫のコンサルタント 大洋アレスコだからこそできる安心サポート

KE2システムの販売、設置、サポートの万全な体制

大洋アレスコ本社では、ルーターを通じてお客様のKE2の運転状況を監視致します。万一、トラブルが発生した場合も、いち早く状況を確認し、遠隔制御などで迅速にサポートします。運転状況の監視は、気になる現象を事前に発見し、トラブルを未然に防いだり、最小限にとどめたりすることにもつながります。
わたしたち大洋アレスコは、静岡、東京、大阪を拠点とし、このKE2システムの販売、設置、サポートの万全な体制を整えました。
この他にも、約半世紀にわたって各種の特殊設備に携わりながら、常に新しい技術を追求してまいりました。設備に関することでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

詳しい各種データがございます。どうぞお気軽にお問い合わせください。